悲しいこと、辛いこと、腹が立つことが起こる時

Posted on May 29, 2014 in カウンセリング

悲しいこと、辛いこと、腹が立つことが起こるとどう対処しますか? よく人は、時間が解決する、と言いますが本当にそうでしょうか?シャープな感情は薄れていくのは事実のようですが、ただ蓋をしてしまったのでは“Jack in the Box”(びっくり箱)のようなものです。何かの拍子に飛び出してくる、もしくは箱の中ではち切れそうなのをこらえている状態です。 泣く、怒り、この2つの感情は一般的に悪いもののように扱われていませんか?でもこれらも他の感情と同様に表現していいんです。どう表現するかがキーなのです。 社会的に認められない手段で表現したら問題ですよね、特に怒りは。 箱の中に押し込めずに何らかの方法で表現することを通して自分の感情に向きあうことによって本当の意味で気持の整理ができてきます。 気持ちを表現する手段は色々あります。言葉だけが手段ではなく、絵を描く、歌う、ダンスなど。一人で表現して落ち着くこともあるでしょうし、シェアーできる誰かを必要とすることもあるでしょう。

家族や友達に聞いてもらうことはありますか?これも時々がっかりされられたり、逆にもっと傷ついたりするものです。どうしてでしょう?私たちは親切心から辛い思いをしている人にアドバイスをします。ところが傷ついているとき私たちが一番求めていることは、聞いてもらうこと自体であり、受け止めてもらったと感じることなんです。たとえアドバイが正しくても “本当にそうね。ありがとう” と言える心の状態ではないのです。

 

カウンセリングについて二面の誤解があるように感じます。

一つは、精神病に関わる治療的なイメージを持たれている。もう一つは人生相談・アドバイスを受ける場と思われている。これらの誤解につては改めて詳しく書くことにします。

短くカウンセリングについて説明すると、評価・善悪を判断される心配をすることなくそのままの自分を話せる場です。それが、先に書いた “自分の感情に向き合う” 第一歩です。

 

 

©Makiko Nakazawa 2014