カウンセリング

flickr: Joe Houghton

誰もが何かを抱えて生きています。

時にその荷が重すぎて途方に暮れることも

あります。そんな時、重荷を下ろしに

いらっしゃいませんか?

カウンセリングって何ですか?

カウンセリングは直面している難しい状況を魔法のように即座に解決したり、こうすればいいというアドバイスをすることではありません。何かの理由で行き詰りを感じ、袋小路にはまってしまったように感じているクライアントの話を客観的な立場で聞き、その原因になっていることを見つけ出す助けをし、自分自身を受け入れられるようにサポートしていくのがカウンセラーの役目です。大きな問題を抱えているとしたら、それを小分けにして解決の糸口をさがしたり、辛さを感じる根本はどこからきているのかを探る手助けをします。また、そこから新しい目標を見出すためのステップを踏むことにも発展します。

本を読んだり、家族や友達に話を聞いてもらうことによって苦しい時を乗り越えられることもあるでしょう。ところが、それどもなんだかまだ暗いトンネルの中にいるような状況から抜け出せないこともあります。それが重く心にのしかかったままにしておくと、それこそ精神が参ってしまいます。

  • 辛い思いを乗り越える、または不安定になっている感情を整える手助けをするのがカウンセリングです。
  • カウンセリングにより、置かれている状況がはっきり見えるようになります。
  • 何故こう感じるのか、何故こう考えるのかという自己発見の場でもあります。

カウンセリングルームで話したことは、本人の許可なしに他の人に話すことはありません。(夫婦・パートナーであっても) たとえ家族・友人・上司・牧師などからの勧めでカウンセリングを受けることになったとしてもこのルールは適応されます。ただし、本人や周りの人の命にかかわる状況が明らかになった時と裁判所からの要請を受けた時は例外です。

カウンセリングについてもう少し深く知りたい方、こちらをお読みください

ファミリーセラピー

難しくなってしまった人間関係は一人だけが原因を抱えているわけではありません。お互いが関係しあっています。

ファミリーセラピーは、夫婦・家族がそれぞれの考えや気持ちを正直に話しあえるように、カウンセラーと個々とのセッションと夫婦・家族一緒でのセッションとの組み合わせで展開されます。

クライアンツの声

KW
カウンセリングというのは、評価とか批判とかを感じずに聞いてもらえることを通し、違う視点から物事を考えられるように変わることなんですね。自分だけではどうしようもなかった感情が穏やかになったら、私自身のことや周りの人のことを冷静に見ることができるようになりました。
PH
私は、このごろ主人が変わったなぁと思っていたんですが、主人は、私が変わったというんです。私が自分自身にちゃんと向かい合ったら周りにも良く影響したんでしょうか。人間関係は、言葉どおり人と人が関係し合っているんだと思いました。

 

ページのトップに戻る